表紙をクリックすると裏表紙が現れます。
頁数の後には再録元を記載しました。
発表名義が異なる場合は、誌名の後の( )内に記載しました。
また、作品が改題された場合は、原題を[ ]内に記載しました。


別冊幻影城仁木悦子表紙 1976 Sep. No.6
別冊幻影城9月号仁木悦子猫は知っていた・林の中の家

表紙デザイン/目次レイアウト=池田拓/表紙イラストレーション=山野辺進/本文イラストレーション=山野辺進・塩谷忠和/カメラ=春田清暢

第二巻第四号/定価900円/昭和51年9月1日発行/編集・発行人=島崎博/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷・小泉製本/発行所=幻影城


  創刊のことば 「別冊幻影城」編集部 1    
猫は知っていた プロローグ 仁木悦子 113 大日本雄弁会講談社
「猫は知っていた」
1957年(昭32)11月刊
七月四日 土曜日 21
七月五日 日曜日 28
七月六日 月曜日 37
七月七日 火曜日 57
七月八日 水曜日 69
七月九日 木曜日 103
エピローグ 136
仁木悦子・
人と作品と資料
         
仁木悦子私観 明るい意匠とひとつの論争
(仁木悦子私観)
石沢英太郎 286    
二人の仁木悦子 (仁木悦子私観) 後藤安彦 288    
ホットケーキの味 (仁木悦子私観) 筑波孔一郎 290    
仁木悦子の世界 (仁木悦子私観) 西村京太郎 292    
猫は知っている-ルミに代わって
(仁木悦子私観)
藤木靖子 291    
仁木さんの七不思議 (仁木悦子私観) 三木杉子 296    
名探偵登場 メルヘンと論理性の魅力・仁木兄妹
(名探偵登場)
二上洋一 298    
仁木悦子論 メルヘンの内なる恐怖 (仁木悦子論) 津井手郁輝 304    
血ぬられた童話 (仁木悦子論) 羽田和政 312    
資料・
仁木悦子書誌
作品目録 島崎博・編 326    
著書目録 島崎博・編 328    
アルバム 本格派の女王・仁木悦子
(探偵作家アルバム(6))
写真解説・仁木悦子 5    
林の中の家 一 夜の怪電話 仁木悦子 141 宝石 1959年(昭34)1月号-6月号
二 捜査活動開始 150
三 達岡家の人々 156
四 合カギ 161
五 ルナ 165
六 浮かぶ影 169
七 アリバイ研究 174
八 小さなギャング 177
九 なぞの速達便 181
十 二組のフィアンセ 187
十一 狂女 192
十二 空だるのかげで 195
十三 失踪 198
十四 悔やみ状の殺人 201
十五 遺伝子研究 208
十六 江川家にて 213
十七 捜査リスト 219
十八 幼児誘拐 224
十九 聞きこみ 228
二十 さるすべりのある家 230
二十一 角封筒 234
二十二 林の中で 236
二十三 若い目撃者 244
二十四 遺書 246
二十五 パジャマをたたむ誘拐魔 249
二十六 教師と生徒 254
二十七 ジョニイ活躍す 257
二十八 再会 259
二十九 ライオンと原稿 262
三十 口紅を買った女 268
三十一 場内緊張 271
三十二 三つの影 277
三十三 雲のない朝 283
光文社
「残酷武士道」
広告
編者のことば 南條範夫 0    
  お知らせ   333    
  幻影城出版案内   334    
  読者の声 前田輝秋・伊藤真一・
硲田安介・竹内慶人
332    

別冊幻影城/保存版仁木悦子表紙 「別冊幻影城」はムック形式で刊行されたあと、在庫がなくなると、「保存版」と名づけられ、フランス装の単行本形式として増刷された。写真は「別冊幻影城/保存版・仁木悦子表紙背表紙裏表紙」。(1977年(昭52)10月10日初版発行/編集人=島崎博/発行人=滝井圀夫)



表紙へ戻る進む